アクセス解析
カウンター
Google AdSense
最新記事
コスト削減
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
書籍紹介
MonotaRO (モノタロウ) ゴルフダイジェスト・オンライン JAL日本航空 先得 デル株式会社 デル株式会社 エプソンダイレクト株式会社
【船員福利厚生】ナビオス横浜

出張・訪船はANA楽パック

船のしくみ

船舶一問一答

船長の肩振り

ヒューマンエラーに基づく海洋事故

できれば航海日誌

商船三井(2009)

ビジュアルでわかる船と海運のはなし改訂増補版

コンテナ物語

その時、船員はどうする

日本人船員よどこへ行く

船と海のサイエンス(vol.8(2004春季号))

船と海のサイエンス(vol.12(2005春季号))

船と海のサイエンス(vol.7(2004冬季号))

船と海のサイエンス(vol.11(2005冬季号))

船と海のサイエンス(vol.9(2004夏季号))

船と海のサイエンス(vol.6(2003秋季号))

船と海のサイエンス(vol.5(2003夏季号))

船と海のサイエンス(vol.10(2004秋季号))

船と海のQ&A新訂3版

船舶解体

調査捕鯨母船日新丸よみがえる

港湾知識のABC9訂版

港湾荷役のQ&A

造船技術の進展

海運・造船会社要覧(2008)

船の歴史文化図鑑

コンテナ船の話

海上技術学校・海上技術短期大学校への道(2003)

海上保安大学校・海上保安学校への道(平成19年版)

LNG船がわかる本増補改訂版

船体構造イラスト集

超大型浮体構造物の構造設計

現代の内航海運

船この巨大で力強い輸送システム

船型百科(上巻)新訂2版
船型百科(下巻)

基本造船学(船体編)〔平成14年〕改

船のメンテナンス技術3訂版

船用ディーゼル機関要説

針路を海にとれ

船と風にまつわる言葉たち

重厚長大・昭和のビッグプロジェクトシリーズ::巨船 ネス・サブリン

豪華客船スピード競争の物語

図解・船の科学

静かな海と楽しい航海

三等機関士物語

船キチの航跡

いつか逢おうよ、父ちゃん

大型タンカーの海難救助論

海難の真実

海難の世界史

海のレスキュー

波浪学のABC(えーびーしー)

七つの海を行く増補改訂版

海事一般がわかる本
内航貨物船の海難防止ガイドブック(衝突編)

ディスカバリーチャンネル 空母建造

ディスカバリーチャンネル イージス艦建造

Discovery CHANNEL 空母始動

Discovery CHANNEL 体験レポート! ニミッツ級空母

ニミッツ・クラス

船舶衝突の裁決例と解説

日本商船隊戦時遭難史復刻版

海と船のいろいろ3訂版

日本商船・船名考

提言!変わらない海事社会を変えるために

舶用機関事故事例研究

海洋気象のABC4訂版

海のパイロット物語

山本五十六の誤算

浪漫派船長海のロマンス


海上交通行政に行革の波を

“海の寅さん”人生航海記

原油を運んだ30年

Container Ships and Oil Tankers

Breaking Ships: How Supertankers and Cargo Ships Are Dismantled on the Beaches of Bangladesh

商船倶楽部

交通とビジネス

交通と物流システム

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
最新トラックバック
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
スーパーセメントタンカー 立眞丸
立眞丸【Risshin Maru】
若宮汽船株式会社.鉄道建設運輸施設整備支援機構
宇部興産海運株式会社 5443GT 7401DW 
LOA120.0m B18.0m D9.2m
IMG_1670.jpg
隣は、ジェネックのセメント船 海門丸 749GT
IMG_1669.jpg
荷役デッキ
積み荷役は機械式・圧送式のオールマイティ型
荷役は統合制御室(ブリッジ)からのコンピュータ制御
IMG_1685.jpg
マニホールド
IMG_1690.jpg
ジョイント
IMG_1691.jpg
積み込エアースライダー
IMG_1692.jpg
荷役ホース ダブル型
IMG_1693.jpg
荷役クレーン
清山丸の大型一基型から両舷二基型
IMG_1702.jpg

IMG_1695.jpg

IMG_1694.jpg
オモテから
IMG_1700.jpg
オモテ
IMG_1704.jpg
ヘッドライン2ドラム 右舷ワーピングエンド付き
IMG_1696.jpg
スプリング2ドラムクロスタイプ 左舷ワーピングエンド付き
IMG_1697.jpg
ウインチワンマンコントロール 波除板付き
IMG_1698.jpg
マストはトラス型
IMG_1699.jpg
ボースンストア内は揚げ荷役用の設備が満載
上の構造物はバケットエレベーター
IMG_1712.jpg
セラー投入エアスラーダー
IMG_1706.jpg
セラーポンプ式空気輸送機
IMG_1707.jpg
荷役ラインはダブリングがされています
IMG_1708.jpg
セメントホールドエアースライダー
エンジンルームまで続いています
IMG_1710_20091221200914.jpg
ACアンカー
IMG_1571.jpg
バルバスあたりは清山丸と少しラインが違います
IMG_1718.jpg
そして今回見学した株式会社三浦造船所
かつては、内航船建造数ダントツ日本一を誇る造船所で現在は船台も9990GT・4000GTと大きくなり
外航・近海のケミカルを中心に内航は5000キロタンカーや特殊船の建造が多くなっています。
ここ10年の内航建造実績を見ても199GTの21邦久を始め、超高速749GTコンテナ船なんせい丸
コンテナ業界に革命を起こした240TEU型7段ブリッジつるかぶと
次世代型CIS太陽光発電システム【ソラシス】を搭載した5000KL積型黒油タンカー 「海悠丸」など
アイディア豊富な設計陣営のもとでアイディアを形にしていく造船所であります
IMG_1720.jpg
現在、艤装岸壁と船台にはGOLDENシリーズ
IMG_1722.jpg
対岸の本田重工業
IMG_1723.jpg

私は、2003年12月の進水式に三浦造船を訪れて以来の訪問。
日曜に大分で休みになり21邦久の空飛ぶ車に同乗して、連れて行ってもらいました。

日曜にもかかわらず設計部電装の梶川氏と宇部興産海運の若手工務の方々と見学させてもらいました。
ほぼ完工状態の見学で非常に運が良かったです

清山丸とほぼコンセプトは同じですが、98年当時にこれと同じ船を造っていたと考えると当時の関係者の汗と涙が伺えます

設計の梶川氏曰く前の清山があったから今回は割とスムーズに言ったとさらりと言ってはいましたが(笑) 

いつかは行きたいなと思っていた三浦造船にいろんな関係者のおかげでいい船を見させてもらえて感謝です。
あと一日くらいゆっくり見たかったですね

そして、帰って写真を見て肝心なことを忘れてました。
あの高級パイロットチェアの座り心地と見晴らしを確かめるのを忘れていました…残念

立眞丸の安全航海と若宮汽船㈱・宇部興産海運㈱・㈱三浦造船所の今後のご活躍を期待しています
スポンサーサイト
三浦造船所 | 2009/12/22(火) 09:12 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ブリッジオブザイヤー2009
三浦造船所建造 6800t積みスーパーセメントタンカー 立眞丸
清山丸とほぼ同じコンセプト、内航船最大級の床面積と航海計器全部入りのまさにスーパーブリッジ
IMG_1714.jpg
もちろんSUPER BRIDGE-X(三菱重工)搭載のIBS インテグレ-テッド ブリッジ システム(東京計器)
IMG_1645.jpg
チャートプロッターにSバンド・Xバンドレーダー・音声認識航海支援システム「SUPER BRIDGE」
豪華パイロットチェア ヨーロッパ・北欧仕様にも負けない超近代化ブリッジです
IMG_1644.jpg
こう言った素晴らしい設備を小学生などに見学させてあげると船乗りに憧れる子供もでてくるのではないでしょうか?
『船乗り』=『漁師?』『マグロ船?』の世間認知を脱却する為にもこう言った設備を世間披露する機会があると良いのですけどね。
船乗りも『シ―パイロット』くらいに言い換えて(笑)
まずは『あこがれ』を作ってやることが大切だと思います

音声認識航海支援システム「SUPER BRIDGE」
電子海図ですが音声認識で座礁・衝突を自動回避(アンサーバックでのOK)
辛い荒天航海や夜間の輻輳海域での際に話し相手になってくれます。
しかし「あの漁船ムカつくね」とか言っても答えてはくれませんよ(笑)
声で航海士が反応することによりヒューマンエラーなどを防ぐ電子海図組み込みの航行支援装置です
IMG_1646.jpg
チャートプロッターと配電盤
IMG_1658.jpg
圧巻の330cm幅の大型窓
そしてセンタージョイスティックコントロール
IMG_1652.jpg
もちろん両舷にも(右舷)
IMG_1647.jpg
左舷コントロールスタンド スライドワイパー 熱線入り窓
操船時の視認性を高めるために窓は足元にもついています
IMG_1648.jpg
そして、後方もスライドワイパーと熱線入り窓
IMG_1649.jpg

IMG_1665.jpg
荷役コントロール
IMG_1659.jpg
荷役監視カメラ付き
IMG_1642.jpg
エンジン制御コンソール
IMG_1643.jpg
M0仕様 コントロールカメラ付き
IMG_1655.jpg
コントロールネットワークカメラ FOMAデータ通信
これで会社から航海状況や荷役状況を見れます。
システムは渦潮電機(株)マリンメール 1時間ごとに位置通報
GPSアンテナ 専用(装備) 船舶電話と接続
FOMAアンテナ 専用(装備)船内に専用のパソコン
IMG_1650.jpg
私はauデータ通信で試みましたがダメでした。
以前は、エリア・通信費などauに軍配が上がっていましたが
現在は、FOMAの方がエリア・通信速度(通信費はほぼ同じ)良いようです。
330cm幅の窓は見晴らしが良いですセンターのもう一枚はその半分の大きさ
IMG_1651.jpg
センター窓は、空調を使った曇り止め
IMG_1652_20091218071542.jpg
送風口
IMG_1660.jpg
天井は、当直領域と荷役・エンジン監視領域で2色使いのツートンカラー
IMG_1654.jpg
展望トイレ
外はデッキなのでカーテンはあまり開けれないでしょうけど(笑)
IMG_1656.jpg
そこら辺の事務所も顔負けのコピー機
これだけの設備にこれだけの広さ、一角にオペレータの船舶支所ができますね
IMG_1657.jpg
上から見るとやっこさん型と言うか十字架型のフルウイング全閉型コックピットタイプブリッジIBS仕様
IMG_1664.jpg
ファンネル
IMG_1666.jpg
熱媒膨張タンク
IMG_1667.jpg
デッキは白が良く映えるアクアカラー
IMG_1668.jpg
マスト
IMG_1671.jpg
キャプテンデッキから操舵室に続く階段
センサー式足元灯
IMG_1640.jpg
お風呂は、24時間循環風呂 キャプテンデッキとボートデッキ
IMG_1639.jpg
快適環境コンセプトだと思いますがエアコンの仕様がなかなか凄いです
船室はマルチ(室外機有)空冷エアコン5系統 ダイキン(エアーテック)
1.機関長室 DAY BED・1機室
2.船長室     〃   ・1航士室
3.船員  A.C 2機室
4.船員 B/D 2航士室
5上甲板 船員室 4部屋
IMG_1638.jpg
公室及びエンジン場は4系統
ダイキンパッケージエアコン 
1.操舵室兼総合制御室   US10GE  暖房は熱媒
2.食堂・娯楽室・賄室   US8GE     〃
3.荷役制御室兼事務室   US3GE   電気ヒータ組込
4.配電盤室・工作室    US3GE   無し
IMG_1637.jpg
機関長室(船長室は右舷側同じ仕様)
案外狭いのねと思いました?これベッドルームですから(笑)もちろんエアコン付きです
私の部屋より若干広いような気が…
IMG_1634.jpg
DAYルーム(ドアの向こうがベッドルーム)
IMG_1633.jpg
エアコンは、各室別です
IMG_1636.jpg

IMG_1632.jpg
ダイキンの空気清浄器付き
IMG_1635.jpg
一般船室
IMG_1630.jpg
男子トイレは、自動洗浄
IMG_1631.jpg
食堂・サロン
IMG_1627.jpg

IMG_1628.jpg
サロンスペース
IMG_1627.jpg
そして、食堂・サロンより容積がありそうなギャレー(業務用電気フライヤー)
IMG_1626.jpg

荷役デッキ
コンパスデッキに荷役監視コントロールカメラがあるのでこんな感じの画像になるかもしれませんね
IMG_1670.jpg
ボートデッキ
IMG_1673.jpg

IMG_1676.jpg
トモ
IMG_1674.jpg
独立型4ドラム ボートデッキワンマンコントロール
IMG_1675.jpg
エア抜きにはオーバーフロー防止板が付いていますね
IMG_1678.jpg
船尾から
IMG_1680.jpg
そして、宇部興産海運のテーマである「USL-CSR」
経済・環境・社会の3側面を総合的に捉えて企業価値の向上を図る事を理念

その環境汚染の防止の下で地球環境の保全より高度なサービスを提供
その一環でもあるごみ処理室
IMG_1682.jpg
資源循環型企業ならではの取り組みですね
IMG_1683.jpg
ギャングウエイ
IMG_1684.jpg


つづく


三浦造船所 | 2009/12/18(金) 11:03 | Trackback:(0) | Comments:(0)
6800t積みスーパーセメントタンカー 立眞丸
三浦造船所の隣り共栄船渠にてファイナルドック中の三浦造船所建造 立眞丸
IMG_1576.jpg
立眞丸【Risshin Maru】
若宮汽船株式会社.鉄道建設運輸施設整備支援機構
宇部興産海運株式会社 5443GT 7401DW 
LOA120.0m B18.0m D9.2m

超近代化フルウイングブリッジ
外だけでなく中身が凄いです
IMG_1688.jpg
船底にかけて鋭利なニンジン型バルバス
IMG_1572.jpg
PP先端から流れるようなバルバスラインができているのが最近の特徴ですね
IMG_1575.jpg
スラスター(CPP)
IMG_1577.jpg
船尾にかけてのライン
IMG_1579.jpg
逆斜めカットのダックテール型
IMG_1724.jpg

IMG_1584.jpg
ベクツインラダー
ヨットのような船尾形状
IMG_1587.jpg
プロペラは直径3.7m FPP ナカシマプロペラ
IMG_1588_20091213212529.jpg
フレンドフィン
IMG_1589.jpg
まずは甲板からエンジン場へ
IMG_1590.jpg
配電盤フロア
IMG_1591_20091213212530.jpg
エンジンはダイハツディーゼル 6DKM-36F 3309kw M0仕様
IMG_1610.jpg

IMG_1612.jpg

IMG_1600.jpg

IMG_1596.jpg
このクラスの船に軽量コンパクトなダイハツ中速エンジンですから
とにかく各フロアが広いです。
IMG_1625.jpg
補機フロア
IMG_1617.jpg
LO・FO清浄機(各2台 計4台) 三菱化工機 SJ20G パーシャル型全自動
IMG_1593.jpg
電装さん泣かせの1台1コントローラー
1台1コントローラーのメーカー仕様ですが…どうにか集合コントロールとかに改善されないものだろうかと
ある方が嘆いていました(笑)無駄をなくすシンプル化は環境テーマでもあります
IMG_1594.jpg
セントラルクーラースペース
主機のプレート式クーラーに加え荷役コンプレッサー用もプレート式クーラー(日阪製作所)
IMG_1595.jpg
補機はヤンマー 6N165-EN 530kw 600KVA 2台
自動起動・自動投入自動負荷分担装置付き
IMG_1599.jpg
エアーモーター起動・電動LOフライミングポンプ付き
IMG_1597.jpg
補機用セントラルクーラー
IMG_1601.jpg
自動起動・自動投入自動負荷分担装置付きの超ハイテク仕様
IMG_1620.jpg
軸発 600KVA 西芝電機
IMG_1611.jpg

IMG_1607.jpg
荷役コンプレッサー
IMG_1606.jpg

IMG_1608.jpg

IMG_1602.jpg
近未来への扉(水密隔壁)を開ければそこはセメント船の内部
IMG_1604.jpg
幻想的な風景です
IMG_1605.jpg
減速逆転機 DRA-80F
IMG_1614.jpg

IMG_1615.jpg
スタンチューブ点検ライト
IMG_1613.jpg
造水機 アルファラバル 7.5t/day
IMG_1616.jpg
Mゼロ仕様なので配電盤室
監視室並みの広さと設備です(パッケージエアコン付き)
IMG_1618.jpg

IMG_1619.jpg
199GTのエンジン場の広さくらいありそうなステアリングルーム
IMG_1622.jpg
ロータリーべーン方式 ベクツインラダー
IMG_1621.jpg
荒天時も安心のトラスコ中山:TRUSCO スリーロックワイド重量キャビネット
IMG_1623.jpg
予備部品
IMG_1624.jpg










三浦造船所 | 2009/12/15(火) 09:28 | Trackback:(0) | Comments:(0)
超近代化船
近未来への扉
IMG_1604.jpg

IMG_1710.jpg
立眞丸【Risshin Maru】若宮汽船株式会社  宇部興産海運株式会社
IMG_1688.jpg

三浦造船所 | 2009/12/14(月) 19:51 | Trackback:(0) | Comments:(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。