アクセス解析
カウンター
Google AdSense
最新記事
コスト削減
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
書籍紹介
MonotaRO (モノタロウ) ゴルフダイジェスト・オンライン JAL日本航空 先得 デル株式会社 デル株式会社 エプソンダイレクト株式会社
【船員福利厚生】ナビオス横浜

出張・訪船はANA楽パック

船のしくみ

船舶一問一答

船長の肩振り

ヒューマンエラーに基づく海洋事故

できれば航海日誌

商船三井(2009)

ビジュアルでわかる船と海運のはなし改訂増補版

コンテナ物語

その時、船員はどうする

日本人船員よどこへ行く

船と海のサイエンス(vol.8(2004春季号))

船と海のサイエンス(vol.12(2005春季号))

船と海のサイエンス(vol.7(2004冬季号))

船と海のサイエンス(vol.11(2005冬季号))

船と海のサイエンス(vol.9(2004夏季号))

船と海のサイエンス(vol.6(2003秋季号))

船と海のサイエンス(vol.5(2003夏季号))

船と海のサイエンス(vol.10(2004秋季号))

船と海のQ&A新訂3版

船舶解体

調査捕鯨母船日新丸よみがえる

港湾知識のABC9訂版

港湾荷役のQ&A

造船技術の進展

海運・造船会社要覧(2008)

船の歴史文化図鑑

コンテナ船の話

海上技術学校・海上技術短期大学校への道(2003)

海上保安大学校・海上保安学校への道(平成19年版)

LNG船がわかる本増補改訂版

船体構造イラスト集

超大型浮体構造物の構造設計

現代の内航海運

船この巨大で力強い輸送システム

船型百科(上巻)新訂2版
船型百科(下巻)

基本造船学(船体編)〔平成14年〕改

船のメンテナンス技術3訂版

船用ディーゼル機関要説

針路を海にとれ

船と風にまつわる言葉たち

重厚長大・昭和のビッグプロジェクトシリーズ::巨船 ネス・サブリン

豪華客船スピード競争の物語

図解・船の科学

静かな海と楽しい航海

三等機関士物語

船キチの航跡

いつか逢おうよ、父ちゃん

大型タンカーの海難救助論

海難の真実

海難の世界史

海のレスキュー

波浪学のABC(えーびーしー)

七つの海を行く増補改訂版

海事一般がわかる本
内航貨物船の海難防止ガイドブック(衝突編)

ディスカバリーチャンネル 空母建造

ディスカバリーチャンネル イージス艦建造

Discovery CHANNEL 空母始動

Discovery CHANNEL 体験レポート! ニミッツ級空母

ニミッツ・クラス

船舶衝突の裁決例と解説

日本商船隊戦時遭難史復刻版

海と船のいろいろ3訂版

日本商船・船名考

提言!変わらない海事社会を変えるために

舶用機関事故事例研究

海洋気象のABC4訂版

海のパイロット物語

山本五十六の誤算

浪漫派船長海のロマンス


海上交通行政に行革の波を

“海の寅さん”人生航海記

原油を運んだ30年

Container Ships and Oil Tankers

Breaking Ships: How Supertankers and Cargo Ships Are Dismantled on the Beaches of Bangladesh

商船倶楽部

交通とビジネス

交通と物流システム

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
最新トラックバック
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
第五霧島丸 【船内探訪】
こだわりの3.5段ブリッジ(中3階仕様)
IMG_3642.jpg
音声認識 航海支援システム「SUPER BRIDGE」三菱重工 搭載
IMG_3665-1.jpg
ウイングワンマン操船
船長さんの話では、突っ込みバースでの操作性・着桟状況(スラスターの効き具合)の把握が抜群だそうです。
タンカーにおける離着桟トラブルの原因の多くが船長と機関長・クォーターマスター(操舵手)との
意思の疎通がうまくいかなかったことによるヒューマンエラー
そう言ったことにおいてはこのワンマン操船スタンドは未然に防げますね
IMG_3660-1.jpg
【左舷側】全部入りコンソール(操舵リモコン・舵角器・スラスターリモコン・テレグラフ・回転計)
さらに、航海支援システム「SUPER BRIDGE」副モニター付き
IMG_3661.jpg
【右舷側】全部入りコンソール(操舵リモコン・舵角器・スラスターリモコン・テレグラフ・回転計)
航海支援システム「SUPER BRIDGE」副モニター付き
IMG_3702-1.jpg
円筒型3方面舵角器
IMG_3666-1.jpg
エンジンコンソール
IMG_3667-1.jpg
壁をダークブラウン 天井を濃い青にすることにより海面反射などで
レーダー画面など見えにくくなるのを防ぎます
操舵機横にはVHFと人間がすっぽり収まるスペース
IMG_3668-1.jpg
すっきりまとまった、前面べったりコンソール
IMG_3699.jpg
チャート台
IMG_3669.jpg
休憩コーナー
IMG_3662.jpg
操舵室後ろは一段下がった中3階設計の全自動荷役コントロール室 
IMG_3663.jpg
SUPER CARGO-X搭載
IMG_3698.jpg
なかなか思いつかない面白い設計です
IMG_3664-1.jpg
100mちょいある船体で3段ブリッジだと見通しの面が少し気になるところですが
操舵室をかさ上げすることで見通しを確保
IMG_3674.jpg
コンパスデッキも段違い仕様 スロープ付き
IMG_3675.jpg
大型船並みの重厚マスト 霧島仕様のツートンカラー
IMG_3679.jpg
2Fから中3階荷役事務室へのアプローチ階段
IMG_3659.jpg
2Fホール 廊下と言うよりホールです ロッカー付き
IMG_3658-1.jpg
1F事務室
IMG_3655.jpg
1F中央ホール
IMG_3643.jpg
サロン 
IMG_3654.jpg

IMG_3651.jpg

圧巻の52インチ アクオス
IMG_3652.jpg
音響はBOSE
IMG_3653.jpg
サロンと食堂はセミセパレート型
IMG_3650.jpg
そして食堂の方を見れば52インチ ドーン
IMG_3649.jpg
52インチ2台は、フェリー以外ではおそらくこの船だけでしょうね
内装雰囲気もフェリー並みです
ドック中の為床は段ボール敷き
IMG_3717.jpg
テーブルとソファーコーナーには観葉植物があります
ブリッジや船内に観葉植物がある船は、船内もきれいにしているとある方が言っていました
IMG_3716.jpg
食堂 テーブルは横型2列 中央カウンター付き
IMG_3645.jpg
サロンと食堂の壁の色を変えている辺りがやはり監督さんのセンスでしょうね
IMG_3648.jpg
ギャレー 大型の内航では珍しい総内張りです
IMG_3646.jpg
冷蔵庫は家庭用と店舗用(コカコーラ仕様)
IMG_3647.jpg
風呂は標準サイズで24時間対応風呂
最近は、大きな風呂でも各個人が入る傾向があるようです
まぁ男の裸見てもしょうがないですし(笑)
荒天対応のハンドレールで安全を考慮しています
IMG_3693.jpg
その意味もあると思いますがシャワー室兼ランドリーが2つ
IMG_3694.jpg

IMG_3695.jpg
空調室
IMG_3696.jpg
前面にある部屋と後方にある部屋のドアを色分け
このあたりも心にくい演出ですね
IMG_3697.jpg
船内見学していて建物探訪に出れるのではないかと思うような内容設備でした。
個室は、皆さん在住なので見れませんでしたが全部で13部屋です

スカライキ
IMG_3673.jpg

交通艇はイヨプラ製(伊予プラスチック造船所) 別注デラックスタイプ
キャビン前面ドア仕様 夜間仕様サーチライト付き
IMG_3680.jpg
霧島スタイルのオイルフェンス置き場
IMG_3681.jpg
トモのウインチも独特の配列
左舷側は2ドラム横向き 右舷側は3ドラム縦向き
IMG_3682.jpg
ハウス前にもスプリングドラム
IMG_3678.jpg
操舵室までの動線が良い直行階段
IMG_3704.jpg

IMG_3705-1.jpg
ブリッジ
IMG_3718.jpg



続く… 
スポンサーサイト
村上秀造船 | 2010/03/30(火) 23:14 | Trackback:(0) | Comments:(0)
スーパーハイテクタンカー第五霧島丸
近年建造された、スーパーハイテクタンカーの一角、5きりの愛称で親しまれています第五霧島丸
就航から2年半の月日を経て、村上秀造船にギャランティドックの為帰ってまいりました。
IMG_3625.jpg
私も、航海スケジュールの都合がつき、これを逃してはまた2年半後と言うことで
プライベートな所用は早々に切り上げ、なんとか明るいうちに村上秀造船に伺うことができました。
タンカーにおいては、ど素人なので、タンカーコンサルティングをお願いしているT氏と共に見学

第五霧島丸【Kirishima Maru No.5】 
霧島汽船 JRTT 霧島海運商会 鶴見サンマリン 3792GT 6499㎥
2007.11 村上秀造船 ダイハツディーゼル 6DKM-36F 3309kw
SUPER CARGO-X搭載 SUPER BRIDGE搭載
IMG_3620---1.jpg
こだわりの3.5段ブリッジ(中3階仕様)
IMG_3642.jpg
ファンネルは、鶴見サンマリン
IMG_3672.jpg
ケミカル仕様です(白油・ベンゼン・トルエン・キシレン)
IMG_3677.jpg
修繕ドックも延長され6000キロクラスでも余裕になりました
IMG_3624.jpg
竣工から28ヶ月ですがさすがNKM『タカタ クォンタム』肌もきれいです
IMG_3627.jpg
船尾 整流フィン付き
IMG_3628.jpg

IMG_3629.jpg
オモテ 波除け付きファン
IMG_3636.jpg
逆側からもウインチ操作ができるよう延長レバー付き ロープ繰り出しがワンマンでできます
IMG_3637.jpg
ウインドラスは4ドラムワーピングエンド付き+2ドラムスプリングライン
IMG_3634.jpg
ステンレスパイプターンバックル 回り止め仕様
ステンレスワイヤー被膜仕様
IMG_3638.jpg
荷役デッキ
IMG_3635.jpg
マニホールド 緩やかなガルウイング型
IMG_3632.jpg
スピルタンクは浅型 スロープ付き
この辺りはルール改正がちょこちょこあって建造時期によってマチマチの型になるようです
IMG_3708.jpg
デッキ上はしっかりペンキの塗り込みがなされていました。
新造船と言えども2年半、白船でこれだけラインがあればチラホラ錆が見えてくる頃ですが
船長さん始め、乗組員がしっかり手入れをしてきたと言うことですね
IMG_3631.jpg

IMG_3710.jpg

IMG_3712.jpg
荷役ラインべったりタイプ60cm仕様
IMG_3633.jpg
膨張トランク
IMG_3630.jpg
ライン切り替え
IMG_3707.jpg
全自動バルブ
IMG_3714.jpg
ケミカル仕様なのでシャワー付き
IMG_3713.jpg
高速ファン
IMG_3711.jpg
フライングパッセージ
ベントポストはセンター上に配置
IMG_3639.jpg
荷役ホース置き場 ステンの半パイプ受け皿
IMG_3640.jpg
ユニック 延長状態でフル溶接
IMG_3709.jpg
フライングパッセージ
IMG_3641.jpg

村上秀造船 | 2010/03/29(月) 19:37 | Trackback:(0) | Comments:(0)
第二十一霧島丸 ギャランティドック
早いもので、2009年3月末に村上秀造船を旅立ち、東電専行船として就航して、はや1年
第二十一霧島丸が村上秀造船に帰ってきました

第二十一霧島丸【Kirishima Maru No21】 霧島海運商会 鶴見サンマリン 鉄道・運輸機構共有船 1791GT 
3000klダブルハル黒油タンカー(黒船3000klクラスでは国内初のダブルハル仕様)

IMG_3449.jpg

IMG_3450.jpg
Sバンド・マスト・両舷斜め窓付き5枚窓・3段で均整の取れたブリッジ
IMG_3469.jpg
やっぱり便利なこの操舵室直行階段
IMG_3470.jpg
熱媒膨張タンクinファンネルは鶴見サンマリン
IMG_3463.jpg
荷役デッキ
IMG_3462.jpg
ワンマンコントロール 鉄板囲い(波浪・塩気対策)
IMG_3456.jpg
センターフェアリーダー増設
タンカーは増しロープも多いですからね。
IMG_3457.jpg
アンカーチェーン泥受け 増設
IMG_3455.jpg
村上秀造船 乾ドック延長工事
IMG_3471.jpg

IMG_3497.jpg
隣りはすでに埋め立てし完成しているブラスト工場 クレーンも新設
IMG_3461.jpg
午前中に1社・午後から1社会社訪問して情報収集
そして夕方、また村上秀造船訪問

IMG_3482.jpg

IMG_3479.jpg

IMG_3480.jpg

IMG_3487.jpg

IMG_3488.jpg

IMG_3489.jpg

IMG_3499.jpg
交通艇はヤンマー Toprun FX20 ハードトップ仕様
IMG_3490.jpg
食堂・サロン 52インチ大型テレビ
IMG_3494.jpg
イーチャートの電子海図を採用表示ディスプレイはJRC製の18.1インチ 輝度調整機能液晶モニター
電子海図ソフトはアルファマップ
IMG_3464.jpg
ネットワークライセンスにより船内最大5台まで使用可能[ブリッジの操作とは非連動]。
船長室と操舵室はLANで繋がっており、船長室にて航海計画など作成可能[データ共有]。
スライド式キーボード台
IMG_3465.jpg
漁船対策用FOR DAYLIGHT SIGNALLING LAMP
IMG_3466.jpg
接続口
IMG_3467.jpg
赤阪鐵工所 A41R 2427kw
IMG_3492.jpg
油が乗って良い具合なってきています
IMG_3491.jpg
ストレーナー
IMG_3500.jpg
昨年、この船を紹介した時に物議を醸した二つのTワード(キーワード)
【荷役ラインべったりタイプ】【フィッシュテール型膨張タンク】

【荷役ラインべったりタイプ】
IMG_3460.jpg
高さで言うと65cmくらいですね
大手メジャーの審査基準では70cm以下がべったりタイプ
IMG_3498.jpg
【フィッシュテール型膨張タンク】
訂正:私自身、マニホールドの斜め配管と勘違いしていたフィッシュテール型
フィッシュテール型とは鶴見サンマリン仕様の膨張タンクのコーミングが
高さ150から250に斜めに上がっているのをフィッシュテールとネーミング
dc021212.jpg

IMGP0370.jpg
【参考文献:Tファイル】

【ガルウィング型マニホールド】
右にかけて斜め配管になっているのがわかりますか?
配管内の残油が漏れないようにちょっとした工夫です
これはタンカーに限らずカーゴでも燃料取り口に応用できますね
IMG_3458.jpg
レデューサー
IMG_3501.jpg
見学しているうちに船名も入り
IMG_3502.jpg
ペラクリンが塗られたプロペラ
IMG_3503.jpg

プロペラ用塗料 ペラクリンセット
使用している人は、効果あると皆言っていますね。
内航船に限らず釣り船にも大人気です
本船も一度使用しましたがせっかちな船長はタイムインターバルを守らず上塗りを重ね
効果があったのかどうか微妙なところでした
用法容量と言うのを全く無視するので困ったものです
用法容量は、企業が研究・試験を重ねた結果なのです
以前、NHKで新米主婦とベテラン主婦のカレー対決をしていましたが
新米主婦はカレーの箱の裏に書いてある通りに作り
ベテラン主婦は、コーヒー入れたりと主婦的な裏技で調理
背景しらない街角調査では新米主婦に軍配
旨み成分分析でも新米主婦に軍配
物事には効果を最大限に発揮するやり方と言うものがあると言うことですね
はたして、現在の内航海運は効果を最大限に生かしたやり方になっているのでしょうか?
IMG_3504.jpg
村上秀造船は枕木の高さがあり船底作業もしやすいです
IMG_3505.jpg
朝から船員さんたちが塗っていたフォアマストも仕上がり
IMG_3506.jpg

IMG_3507.jpg
本日ドックアウトで2年目のスタート
IMG_3512-1.jpg

雨で荷役順延になり良いタイミングで見学できました。




村上秀造船 | 2010/03/12(金) 18:07 | Trackback:(0) | Comments:(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。