アクセス解析
カウンター
Google AdSense
最新記事
コスト削減
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
書籍紹介
MonotaRO (モノタロウ) ゴルフダイジェスト・オンライン JAL日本航空 先得 デル株式会社 デル株式会社 エプソンダイレクト株式会社
【船員福利厚生】ナビオス横浜

出張・訪船はANA楽パック

船のしくみ

船舶一問一答

船長の肩振り

ヒューマンエラーに基づく海洋事故

できれば航海日誌

商船三井(2009)

ビジュアルでわかる船と海運のはなし改訂増補版

コンテナ物語

その時、船員はどうする

日本人船員よどこへ行く

船と海のサイエンス(vol.8(2004春季号))

船と海のサイエンス(vol.12(2005春季号))

船と海のサイエンス(vol.7(2004冬季号))

船と海のサイエンス(vol.11(2005冬季号))

船と海のサイエンス(vol.9(2004夏季号))

船と海のサイエンス(vol.6(2003秋季号))

船と海のサイエンス(vol.5(2003夏季号))

船と海のサイエンス(vol.10(2004秋季号))

船と海のQ&A新訂3版

船舶解体

調査捕鯨母船日新丸よみがえる

港湾知識のABC9訂版

港湾荷役のQ&A

造船技術の進展

海運・造船会社要覧(2008)

船の歴史文化図鑑

コンテナ船の話

海上技術学校・海上技術短期大学校への道(2003)

海上保安大学校・海上保安学校への道(平成19年版)

LNG船がわかる本増補改訂版

船体構造イラスト集

超大型浮体構造物の構造設計

現代の内航海運

船この巨大で力強い輸送システム

船型百科(上巻)新訂2版
船型百科(下巻)

基本造船学(船体編)〔平成14年〕改

船のメンテナンス技術3訂版

船用ディーゼル機関要説

針路を海にとれ

船と風にまつわる言葉たち

重厚長大・昭和のビッグプロジェクトシリーズ::巨船 ネス・サブリン

豪華客船スピード競争の物語

図解・船の科学

静かな海と楽しい航海

三等機関士物語

船キチの航跡

いつか逢おうよ、父ちゃん

大型タンカーの海難救助論

海難の真実

海難の世界史

海のレスキュー

波浪学のABC(えーびーしー)

七つの海を行く増補改訂版

海事一般がわかる本
内航貨物船の海難防止ガイドブック(衝突編)

ディスカバリーチャンネル 空母建造

ディスカバリーチャンネル イージス艦建造

Discovery CHANNEL 空母始動

Discovery CHANNEL 体験レポート! ニミッツ級空母

ニミッツ・クラス

船舶衝突の裁決例と解説

日本商船隊戦時遭難史復刻版

海と船のいろいろ3訂版

日本商船・船名考

提言!変わらない海事社会を変えるために

舶用機関事故事例研究

海洋気象のABC4訂版

海のパイロット物語

山本五十六の誤算

浪漫派船長海のロマンス


海上交通行政に行革の波を

“海の寅さん”人生航海記

原油を運んだ30年

Container Ships and Oil Tankers

Breaking Ships: How Supertankers and Cargo Ships Are Dismantled on the Beaches of Bangladesh

商船倶楽部

交通とビジネス

交通と物流システム

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
最新トラックバック
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
祝 竣工 戎海運 第十八春日丸
平成22年5月30日に栗之浦ドック淡路工場にて戎海運の液化石油ガス運搬船
第十八春日丸の竣工式が行われました
IMG_0038.jpg
祝 竣工 
IMG_0076.jpg
命名 第十八春日丸
IMG_0084.jpg
戎海運の社旗掲揚
IMG_0105_20100607104906.jpg
積み荷はVCM(塩化ビニールモノマー)プロパン・ブタン
IMG_0137.jpg
荷役デッキ
IMG_0124_20100607121632.jpg
東京計器 ECDIS搭載
IMG_0130_20100607121632.jpg
Xバンド・Sバンドレーダー
IMG_0132.jpg
チャート台
IMG_0133.jpg
事務スペース・簡易喫茶スペース
IMG_0135_20100607121632.jpg
荷役事務室
IMG_0115_20100607122202.jpg
食堂・サロン
IMG_0116.jpg
一等航海士室
IMG_0117_20100607122202.jpg
船員室
IMG_0122_20100607122202.jpg
新潟原動機 1471kw
IMG_0120.jpg

IMG_0121.jpg
発電機は250KVA×2 停泊用80KVA
IMG_0119.jpg
トモ
IMG_0136.jpg
第十八春日丸【Kasuga Maru No18】戎海運 明和海運 749GT 1260.526㎥
2010.5 栗之浦ドック淡路工場 新潟原動機 1471kw
ディープウェルポンプ 300/250㎥/h×120Kw×2
試運転速力 14.166KNT 満載速力 12.0KNT
18春日写真①---1
祝竣工 戎海運有限会社【観音寺市】749型LPG船 第十八春日丸
18春日写真②--1

【写真提供:内航.COM東京支店】
スポンサーサイト
栗之浦ドック | 2010/06/07(月) 13:18 | Trackback:(0) | Comments:(0)
新造船 第十八春日丸
3/19に栗之浦ドック淡路工場にて注水進水した戎海運有限会社 JRTT共有のLPGタンカー 第十八春日丸
運航は明和海運株式会社 749GT 1250㎥
LOA 67.95m LPP 63.00m B 11.80m D 4.95m
DSCF0547---1.jpg
ブリッジ
DSCF0539.jpg
タンク搭載前のデッキ
DSCF0571.jpg

DSCF0538.jpg
ウインドラス
DSCF0536.jpg
レーダー・ECDIS 東京計器
DSCF0558.jpg
鯛はもちろん鳴門の鯛
DSCF0505.jpg
支綱切断
DSCF0515.jpg
進水!
DSCF0517.jpg


5月末竣工予定
栗之浦ドック | 2010/04/05(月) 09:45 | Trackback:(0) | Comments:(0)
本日就航 第十八照丸
12月12日
本日デリバリーの西山汽船有限会社 6000KL積み白油タンカー 第10八照丸【Hassho Maru No.10】
建造は株式会社栗ノ浦ドック
栗ノ浦ドックは三好造船・白浜造船・淡路工場(旧寺岡造船・南あわじ造船)・保内重工業を傘下に収め499GTクラスから~内航では6000キロタンカー
外航近海では、30000DWまで可能な幅広い中型ケミカルkらスモールハンディまで幅広い
ラインナップと多くの建造船台を保有しています
画像3636 005
第十八照丸【Hassho Maru No.10】 西山汽船 日本タンカー 3815GT 6472㎥
全長104.84m 型幅16m 阪神内燃機工業 6L35MC 3900KW
画像3636 027
運航はJOMOグループ 株式会社日本タンカー
画像3636 021
デッキ
画像3636 087

画像3636 031
マニホールド
画像3636 032
操舵室
画像3636 052
エンジンコンソール
画像3636 051
レーダーはFURUNOのSバンドXバンドに加えECDIS(電子海図情報表示装置)東京計器 搭載
画像3636 088
チャート台は、前後どちらからでも取り出し可能な前面 フラット扉タイプ
画像3636 065
神棚は家具組み込み
画像3636 133
船長室
画像3636 048
電子海図情報表示可能セカンドモニター
画像3636 018
サロンスペース
画像3636 050
書庫
画像3636 014
機関長室
画像3636 036

画像3636 035

画像3636 016
一般船室
画像3636 007

画像3636 006
テレビはアクオス
画像3636 010
ソファー
画像3636 045
食堂サロン
画像3636 121
1F右舷前方に配置
画像3636 129
ギャレー
画像3636 025
荷役事務室
画像3636 111

画像3636 073
タンク液面計・バラストコントロール
画像3636 114
娯楽室
画像3636 078

画像3636 109
エンジンは日本タンカーの社船 第10日丹丸(2008年伯方造船建造)と同じ阪神内燃機工業 6L35MC 3900kw(5306ps) 
画像3636 120
2サイクルの定番ですね。日丹丸の1万馬力は別格としても4000馬力超えの内航タンカーではモンスターエンジン
画像3636 090
エンジン制御室
画像3636 119
配電盤
画像3636 115
補機
画像3636 091

画像3636 092
三菱化工機 清浄機
画像3636 130
温水器 2基 潮冷熱
画像3636 131

【写真提供:M氏】

一度は、足を運びたいなと思っていた栗ノ浦ドックですが今回、あるルートで写真提供をいただき
公開することができました。中型ケミカルからスモールハンディが特徴の同社ですが
内航建造においても旧来から愛媛南予の船主さんを中心に建造実績があります

基本的には、自分の足を運んで見学とは思っていますが、距離的立地的や航海スケジュールのタイミングや
予算的(通信費込でお小遣い3万円など)問題は多々ありますが
私なりの紹介で承諾してくれるなら、メールや画像データ郵送にての紹介ならばいつでも受け付けています。

お気軽にお問い合わせください。

新造船紹介についてのお問い合せは
こちらまで→新造船紹介について

栗之浦ドック | 2009/12/12(土) 14:11 | Trackback:(0) | Comments:(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。