アクセス解析
カウンター
Google AdSense
最新記事
コスト削減
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
書籍紹介
MonotaRO (モノタロウ) ゴルフダイジェスト・オンライン JAL日本航空 先得 デル株式会社 デル株式会社 エプソンダイレクト株式会社
【船員福利厚生】ナビオス横浜

出張・訪船はANA楽パック

船のしくみ

船舶一問一答

船長の肩振り

ヒューマンエラーに基づく海洋事故

できれば航海日誌

商船三井(2009)

ビジュアルでわかる船と海運のはなし改訂増補版

コンテナ物語

その時、船員はどうする

日本人船員よどこへ行く

船と海のサイエンス(vol.8(2004春季号))

船と海のサイエンス(vol.12(2005春季号))

船と海のサイエンス(vol.7(2004冬季号))

船と海のサイエンス(vol.11(2005冬季号))

船と海のサイエンス(vol.9(2004夏季号))

船と海のサイエンス(vol.6(2003秋季号))

船と海のサイエンス(vol.5(2003夏季号))

船と海のサイエンス(vol.10(2004秋季号))

船と海のQ&A新訂3版

船舶解体

調査捕鯨母船日新丸よみがえる

港湾知識のABC9訂版

港湾荷役のQ&A

造船技術の進展

海運・造船会社要覧(2008)

船の歴史文化図鑑

コンテナ船の話

海上技術学校・海上技術短期大学校への道(2003)

海上保安大学校・海上保安学校への道(平成19年版)

LNG船がわかる本増補改訂版

船体構造イラスト集

超大型浮体構造物の構造設計

現代の内航海運

船この巨大で力強い輸送システム

船型百科(上巻)新訂2版
船型百科(下巻)

基本造船学(船体編)〔平成14年〕改

船のメンテナンス技術3訂版

船用ディーゼル機関要説

針路を海にとれ

船と風にまつわる言葉たち

重厚長大・昭和のビッグプロジェクトシリーズ::巨船 ネス・サブリン

豪華客船スピード競争の物語

図解・船の科学

静かな海と楽しい航海

三等機関士物語

船キチの航跡

いつか逢おうよ、父ちゃん

大型タンカーの海難救助論

海難の真実

海難の世界史

海のレスキュー

波浪学のABC(えーびーしー)

七つの海を行く増補改訂版

海事一般がわかる本
内航貨物船の海難防止ガイドブック(衝突編)

ディスカバリーチャンネル 空母建造

ディスカバリーチャンネル イージス艦建造

Discovery CHANNEL 空母始動

Discovery CHANNEL 体験レポート! ニミッツ級空母

ニミッツ・クラス

船舶衝突の裁決例と解説

日本商船隊戦時遭難史復刻版

海と船のいろいろ3訂版

日本商船・船名考

提言!変わらない海事社会を変えるために

舶用機関事故事例研究

海洋気象のABC4訂版

海のパイロット物語

山本五十六の誤算

浪漫派船長海のロマンス


海上交通行政に行革の波を

“海の寅さん”人生航海記

原油を運んだ30年

Container Ships and Oil Tankers

Breaking Ships: How Supertankers and Cargo Ships Are Dismantled on the Beaches of Bangladesh

商船倶楽部

交通とビジネス

交通と物流システム

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
最新トラックバック
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
Sno715 5000kl黒油タンカー
現在伯方造船にて建造中のSno715 3560GT 5000キロ黒油タンカー 金力汽船 鶴見サンマリン
しばらく見ないうちにだいぶ、形になり仕様の一面が明らかになってきました。
【6/5撮影】
ナカシマプロペラ New PAI+PBCF
舵はベッカーラダー
IMG_6460.jpg
マニホールド(SUS仕様)
IMG_6462.jpg
ベントライン(SUS仕様)
パイプ下はヘルメット着用でもぶつからない高さを確保
IMG_6461.jpg
デッキストレーナーが小さいですね
IMG_6463_20100614080911.jpg
実はこのデッキストレーナー、半分埋まっています。
P5250546.jpg
半埋没型デッキストレーナー
IMG_6465.jpg
作業しやすい高さと、デッキ上の構造物はできる限り少なくしたいと言うオーナーさんの考えですね
半埋没型にすることにより残油の落としバルブ2個が不要になりました
蓋はもちろんオールステンレス。
ペケポンもSUS仕様
開放した時、隣りのペケポンに蓋を置く為です
IMG_6464.jpg
鉄のラインは、錆打ちしやすいようSUS仕様のキーをかましています
受けのアングルもSUSですね
IMG_6466.jpg
上も二点のSUSキーで支持
IMG_6467.jpg
フライングパッセージは、伯方造船仕様のタンカーでは定番になりつつある
滑り止め加工のステンレス一枚板ですね
IMG_6468.jpg
ちなみにこのフライングパッセージを最初に採用したのが金力汽船だそうです
IMG_6471_20100614083338.jpg
一枚板アイデアは、伯方造船の社長さんの提案だったようです
IMG_6477.jpg
5000klクラスでは珍しい、ホース荷役用チクサンジョイント(スイベルジョイント)
これも作業効率を考えたモノですね
IMG_6472.jpg
荷役倉庫
ワンタッチSUSロックの水密ドア
IMG_6469.jpg
荷役倉庫上のスカッパーもSUS仕様
IMG_6473_20100614083338.jpg
マニホールド
IMG_6470.jpg
接続口の高さを少し上げ戻り傾斜を付けたガルウイング型
IMG_6475_20100614083603.jpg
バラストエア抜きは荷役ステージと干渉しないよう変形型
IMG_6474.jpg
オモテブロック
IMG_6476.jpg
ポンプ室
IMG_6478.jpg

IMG_6479.jpg
M0規格に準ずるバックアップ機能採用 エンジン制御室 L字型
IMG_6481.jpg
エンジンコンソール
IMG_6480.jpg
エンジンも搭載済み
IMG_6482.jpg
ハンドレール支柱もSUS磨き仕様ですね
IMG_6483.jpg
オイラはボイラ三浦のボイラ知っている人は知っている
IMG_6484.jpg
補機はダイハツディーゼル 5DC-17A 400kw 450KVA×3(パラレル方式)
IMG_6485.jpg
主機はダイハツディーゼル 6DCM-32F 2942kw 750min
IMG_6489.jpg
減速逆転機
IMG_6492.jpg
荷役ポンプとの距離を縮める為、エンジンは少し前気味
IMG_6493.jpg

金力汽船のホームページはこちらをクリック→金力汽船株式会社


修繕ドックにて二重底ブラスト中だった宝恵丸
IMG_6496.jpg
宝恵丸【Hoei Maru】谷川海運 鶴見サンマリン 749GT 2279㎥
2003.1 伯方造船 阪神内燃機工業 LH34LG 2000ps
IMG_6392.jpg

IMG_6393.jpg







スポンサーサイト
伯方造船 | 2010/06/14(月) 10:07 | Trackback:(0) | Comments:(1)
次へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。