アクセス解析
カウンター
FC2ブログ
Google AdSense
最新記事
コスト削減
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
書籍紹介
MonotaRO (モノタロウ) ゴルフダイジェスト・オンライン JAL日本航空 先得 デル株式会社 デル株式会社 エプソンダイレクト株式会社
【船員福利厚生】ナビオス横浜

出張・訪船はANA楽パック

船のしくみ

船舶一問一答

船長の肩振り

ヒューマンエラーに基づく海洋事故

できれば航海日誌

商船三井(2009)

ビジュアルでわかる船と海運のはなし改訂増補版

コンテナ物語

その時、船員はどうする

日本人船員よどこへ行く

船と海のサイエンス(vol.8(2004春季号))

船と海のサイエンス(vol.12(2005春季号))

船と海のサイエンス(vol.7(2004冬季号))

船と海のサイエンス(vol.11(2005冬季号))

船と海のサイエンス(vol.9(2004夏季号))

船と海のサイエンス(vol.6(2003秋季号))

船と海のサイエンス(vol.5(2003夏季号))

船と海のサイエンス(vol.10(2004秋季号))

船と海のQ&A新訂3版

船舶解体

調査捕鯨母船日新丸よみがえる

港湾知識のABC9訂版

港湾荷役のQ&A

造船技術の進展

海運・造船会社要覧(2008)

船の歴史文化図鑑

コンテナ船の話

海上技術学校・海上技術短期大学校への道(2003)

海上保安大学校・海上保安学校への道(平成19年版)

LNG船がわかる本増補改訂版

船体構造イラスト集

超大型浮体構造物の構造設計

現代の内航海運

船この巨大で力強い輸送システム

船型百科(上巻)新訂2版
船型百科(下巻)

基本造船学(船体編)〔平成14年〕改

船のメンテナンス技術3訂版

船用ディーゼル機関要説

針路を海にとれ

船と風にまつわる言葉たち

重厚長大・昭和のビッグプロジェクトシリーズ::巨船 ネス・サブリン

豪華客船スピード競争の物語

図解・船の科学

静かな海と楽しい航海

三等機関士物語

船キチの航跡

いつか逢おうよ、父ちゃん

大型タンカーの海難救助論

海難の真実

海難の世界史

海のレスキュー

波浪学のABC(えーびーしー)

七つの海を行く増補改訂版

海事一般がわかる本
内航貨物船の海難防止ガイドブック(衝突編)

ディスカバリーチャンネル 空母建造

ディスカバリーチャンネル イージス艦建造

Discovery CHANNEL 空母始動

Discovery CHANNEL 体験レポート! ニミッツ級空母

ニミッツ・クラス

船舶衝突の裁決例と解説

日本商船隊戦時遭難史復刻版

海と船のいろいろ3訂版

日本商船・船名考

提言!変わらない海事社会を変えるために

舶用機関事故事例研究

海洋気象のABC4訂版

海のパイロット物語

山本五十六の誤算

浪漫派船長海のロマンス


海上交通行政に行革の波を

“海の寅さん”人生航海記

原油を運んだ30年

Container Ships and Oil Tankers

Breaking Ships: How Supertankers and Cargo Ships Are Dismantled on the Beaches of Bangladesh

商船倶楽部

交通とビジネス

交通と物流システム

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
最新トラックバック
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
新造5000kl黒油タンカー 第十一松山丸
現在、伯方造船にて艤装中の松山海運株式会社 5000キロ黒油タンカー 
第十一松山丸【Matsuyama Maru No.11】
3599GT 5600㎥ 松山海運 鶴見サンマリン 
赤阪鐵工所 A45S 3309kw
IMG_2624.jpg
ブリッジ
IMG_2676.jpg

IMG_2658.jpg
ファンネルは、内航タンカー業界ナンバーワンのメガコモンキャリア 鶴見サンマリン
IMG_2625.jpg
白地にTと言うシンプルなファンネルマークなのに、この存在感はやはり業界ナンバーワンのコモンキャリアの証
排気管はシャープな切り口にしていますね
IMG_2629.jpg
横着けされているのは、塗装とブラストのプロフェッショナル(株)ビショウのブラスト船BISYO
黒船ですがタンクトップ・タンク上部のブラスト処理・塗装を行うことにより永年、高品質輸送を実現
これは、松山海運クオリティであり、荷主へ対する松山海運の初期投資でもあります
IMG_2626.jpg
やはり、現在の鶴見サンマリンの前身である鶴見輸送時代、昭和50年初頭
まだ社船以外でほとんど5000キロタンカーがいない時代からの複数隻の5000キロ運航
松山船主BIG5の代表格だけでなく、日本の内航タンカー船主を代表する一角の
松山海運のクオリティではないでしょうか

IMG_2627.jpg
操舵室の壁に添いナビゲーションデッキで固定
IMG_2631.jpg
操舵室 通風ダクト
IMG_2628.jpg
操舵室 トイレ 換気ダクト
蓋は開閉両方、SUS蝶ねじ固定
IMG_2633.jpg
マスト固定ワイヤー リギンスクリューはもちろんSUS仕様
IMG_2635.jpg
ワイヤーも単なるSUSワイヤーに見えますが極薄被膜密着タイプ付き
IMG_2634.jpg
オモテ ステージは広め
IMG_2638.jpg
ウインドラス 4ドラムワーピングエンド付き 2ドラムスプリングウインチ
IMG_2637.jpg
ウインドラス 油圧リモコン
IMG_2636.jpg
フォアマスト 巨大なピストンフォーン
IMG_2645.jpg
もちろんリギンスクリュー・マストワイヤーはSUS仕様 カシメのワサワサはゴム保護
有津船用品 施工
IMG_2639.jpg
ウインドラス 泥受け付き
IMG_2640.jpg
スプリングウインチ 2ドラム
IMG_2643.jpg
スプリングローラーはユニバーサルローラー
IMG_2641.jpg
レットライン用エアガン架台
IMG_2642.jpg
ボースンストア コンパニオン
送風ダクトへの重厚なステップ
IMG_2644.jpg
オモテからのフライングパッセージ
伯方造船建造船で採用の多いSUSドット加工板
IMG_2646.jpg
オモテペイント倉庫入り口はSUS仕様のワンタッチロック
IMG_2652.jpg
ワンタッチ切り替えスカッパー
老朽化した時に油圧配管からの油漏れなどのトラブルにもすぐに対応できますね
IMG_2651.jpg
ベント管もSUS仕様ですね
IMG_2647.jpg

IMG_2648.jpg
もちろんベントポストもSUS仕様です
IMG_2653.jpg
散水ラインもSUS仕様です
IMG_2649.jpg
膨張トランクのハンドレールもSUS仕様です
IMG_2650.jpg
荷役デッキ
IMG_2654.jpg
マニホールド
バルブは横型ですね
IMG_2655.jpg
大型のスピルタンク
IMG_2656.jpg
荷役用ユニック
IMG_2657.jpg
電力用ストレーナー(左舷)
荷役ラインはベッタリタイプ SUS仕様
ちなみに白黒兼用ではないですよ 黒船仕様ですよ 松山海運クオリティ
IMG_2659.jpg
ストレーナー(右舷)
IMG_2660.jpg
ステンレス好きにはたまらない仕様ですね
ストレーナーハッチは、スイングオープン式
IMG_2661.jpg
フライングパッセージ
IMG_2664.jpg
ブリッジ前スプリングドラム
IMG_2663.jpg
ポンプ室コンパニオン
ステップは重厚タイプ ハンドレール仕様
IMG_2665.jpg
清水タンク
IMG_2673.jpg
使用塗料はシグマガードCFS
IMG_2679.jpg
温水で温めながらの塗装をしなければ固まるそうです
IMG_2678.jpg
トモ側 ウインチ リモコンは少し前寄り配置
IMG_2675.jpg
ハウス入口はステンレス製ステップ 水密ドアはSUSワンタッチロック
IMG_2672.jpg
舵はロータリーべーン
IMG_2674.jpg
配管保温巻きはおばちゃん工員の手仕事
IMG_2671.jpg
空調は船外にドア付きの仕様
IMG_2670.jpg

船内及び機関室は次回見学時の予定

スポンサーサイト

伯方造船 | 2010/02/03(水) 16:07 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。